本日行われた公式戦の結果は以下の通りです。
vs. 甲南大学B(15:15kickoff)
会場:関西福祉大学グラウンド
2-2
(前半:0-0、後半:2-2)
【得点者】富家、尾花

先週に引き続きホームゲームでした。試合前のミーティングでは、コンパクト相手より早く切り替えすることを伝えられました。

アップでは、リラックスしながらいい準備ができていたと感じられました。また、声も良く出ていて雰囲気も良かったと思います。

前半は、試合の入りは苦しむシーンもありましたが声をかけ関福の時間が続きました。CKの連続でセットプレーのチャンスは多々ありましたが点には繋がらず他にもチャンスはありましたが、0-0で前半が終了しました。

HTでは、選手間で反省点や改善点などそれぞれ話し合うことができていました。
コーチからはサイドを広く使い開いている場所狙いチャンスをつくること、話す、コーチングをしっかりすること伝えられ、後半が始まりました。

後半は、立ち上がり良くゴールエリアまで攻めるがシュートすることができません。しかし、サイドを広く使いCKをもらいます。Iリーグ初得点は富家。得点した後すぐカウンターをくらったがカバーのおかげで失点を阻止しますがその後失点。相手の足が止まりかけフリーの時間が増えますがパスを出した後のアクションを起こすことができずなかなかチャンスをつくることができません。FKからの得点で2-1!しかし数分後失点し2-2。残り5分諦めず攻め続けますが得点することはできず、試合終了のホイッスルが鳴りました。

今回は、セットプレーのチャンスが多い中なかなか決めきることができませんでしたがコミュニケーションをとり最後まで諦めず走り続け戦えていたと思います。2週間後の試合に向けて日々のトレーニングで細かなつめをし苦しい時こそ前向きに取り組んでほしいと思います。

甲南大学の皆さま、応援に駆けつけて下さった関係者の皆さま、本日はありがとうございました。

マネージャー 1回生 松元萌華